【神ゲー】最高の新世界とエフィリンとの友情が癒しの「星のカービィ ディスカバリー」をレビュー

この記事には広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

27時間以上をかけて、新作のカービィディスカバリーを100%クリア!

そもそもカービィ3D自体が初めてだったので、もっと時間がかかるんじゃないかなとは思っていたが……

発売当日にプレイして一日でエンディングを迎え、

その他チャレンジミッションやオマケ、コロシアムなんかをぶっ通しでやり続けたら……





なんと3日ほどで達成したのだ。

まあ、とりあえずいきなりだが今作のカービィ……

個人的の総評としては早速「神ゲー」と評させて頂きたい。

いや、もしかしたら前作のスターアライズを超えてきたかもしれん。それぐらい良い点ばかりだったので、今回は新作のカービィについて色々とレビュー。

ちなみにネタバレほぼなし。
ただし体験版クリア後の製品版紹介PVの内容は普通に話すので、そこだけはご了承ください。それではどうぞ。

※難易度は「ワイルドモード」でクリアしています。

星のカービィディスカバリーの購入はこちら
¥5,219 (2024/04/12 08:30時点 | Amazon調べ)
楽天ブックス(ダウンロード)
¥5,914 (2024/03/15 20:40時点 | 楽天市場調べ)
目次

良かった点その1「グラフィックがカービィシリーズの中で最高!?」

まずはこれ。グラフィック面から。
SwitchのソフトってよくSteamやPS4とグラフィックの性能を比べられることが多いが、実際はそうでもなかったと思っている。

それは始まりの地から最終決戦まで、とにかく楽しませて頂いた。さらに奥行きを感じられるステージもあったので、絵描きとしては参考になる部分が存在。

特に水のグラフィックが素晴らしくて、発売前には「海の透明感やべー!」「綺麗ー!」と驚いたほどである

そのため、

世界観が現代風で親近感が湧いた

そんなグラフィック面があるため、世界観もより見栄えが良いものに仕上がっていた。
今作は人類のいない現代風の新世界だから、当然身近な場所もあるわけで。

もちろん草原にある高層ビルや廃城なんかもプレイしてて楽しかったけど、中でもショッピングモールや遊園地を移動する際のワクワク感が止まらなかった。

夜の遊園地もイルミネーションありで最高です

中には敵が椅子に座って食べ物を眺めていたり、エスカレーターを上り下りしていたり、アトラクションの順番待ちで並んでいたりと、普通に生活してて思わず笑ってしまったよ。

そっとしておきたいけど、敵なのでとりあえず倒せなら、倒す。あるある?

フードコートにて。ハンバーガーとフライドポテトが実に美味しそうだ……!

特に遊園地のアトラクション好きとしては、ジェットコースターありのステージは間違いなく大興奮待ったなし!カービィのほうばりへんけいの見た目インパクトより、コースを走ってスピード感を楽しむ方が上手だったようだ。

ちなみにステージごとに要素が違っていて、しかも建物の構造に合わせてカメラが自動的に向くので、さらに臨場感が半端ないことに。
あとBGMのほとんどがオリジナルかつ世界観とマッチしていたので、かなりの没入感がありました。

「今から敵をぶっ倒しにいくぽよ!」的な。そしてこのアオリと奥行感。カービィが小さすぎる……

良かった点その2「探索が楽しすぎる」

グラフィックも世界観も良いのなら、探索も勿論楽しめたよね。

ステージ事にミッションが存在しているのでこれらをコンプリートするために建物の隅々を調べるわけだから、ステージの作り込みの全てを堪能できたのだ。


ワドルディの救助は耳で澄ましておけば分かるが、中にはよーく目で観察していないと見つけることが出来ない隠し通路やアイテムも存在しているので、自信のある方は1度ノーヒントでチャレンジしてみてほしい。

ちなみに私はほぼノーヒントでした。数週間前に放置していたスタアラを攻略していたためか、観察眼?が身についていた気がする……

プレイヤーを飽きさせない作り、最高や。

良かった点その3「戦闘の爽快感」

公式でも紹介はされていたが、今回はカービィシリーズの難易度に合わせて攻撃が甘く設定されている。そのため、

「攻撃が当たっていないと思ったら当たっていた……」

なんてことがあるので、3Dに慣れてないプレイヤーでも安心して戦うことが出来るぞ。


また新たに「ジャスト回避」が追加されたため、爽快感がより強く。例えるなら、アストラルチェイン的な(ちなみにクリア済み。ただしあちらはリアル等身寄り)

前作のスタアラだと回避が使いづらくてもはやない存在として認識しており、ボス戦の際にはストーンやマホロアを使ってゴリ押しで倒していた。

しかし今作は回避する事に敵がスローになる仕組みとなっているので、これにより一気に大ダメージを与えるチャンスとなっている。

ちなみに今作ではコピー能力を強化できるので、ボス戦攻略に一役買っていた。
初見では一番好きなトルネードでボスをゴリ押しし、その後は回避として使いやすい最大強化した最強のソードで最後のコロシアムを制覇したそうな。

特に過去作の「参上!ドロッチェ団」が自分の初めてのカービィだったので、コピー能力強化やトルネードが復活した際はガチ歓喜したよね。

まさか3Dカービィでトルネードが操作できるなんて、夢にも思っていなかったからさ。

良かった点その4「キャラクターが癒し」

今作は3Dということが相まってキャラがより可愛く見えたと思っている。

ワドルディを救出する事に彼らの街が発展していくのが今作の特徴なのだが、RPG好きとしてはたまらない仕様となっている。武器屋があったり、道具屋があったり……

また従来移動として使用されていた十字ボタンが今作でアピールに変化したことから、そのワドルディたちと触れ合えるように。
例えばカービィが手を振ればリアクションを取ってくれるので、かなりの癒し。

逆にコピー能力で攻撃すれば飛び跳ねるので、移動手段として最大強化したトルネードで街を回っていましたねぇ。住民を攻撃して困らせる、あるある……

さらにミニゲームも充実しており、ストーリーそっちのけで暇つぶしすることもあった(一応%には含まれている)

そして何よりエリーヌ以来の新たなカービィのパートナー『エフィリン』が今作1番のパートナーだったかもしれん(タッチカービィスーパーレインボーを頑張って100%クリアしたプレイヤーより)

冒険の途中で話してくれるだけでなく、一緒にご飯を食べたり、お昼寝したり、魚釣りをしたり……

そりゃ愛着も湧きますよ。
また何回もやられ続けると彼からアドバイスを聞くこともできるが、そもそもやられることがそんなに無かったので、むしろ出る方が珍しい(例え落下しても体力が減少するぐらいなので)

あとデデデは今作では敵で少し見た目が変わったなと思ったら、まさかのカービィ64のキャラデザになっていたとか。3Dもコピー強化も64が初出とも言えるから、ある意味正解だったかもしれない。
あと、本編のとある終盤のムービーは、デデデファン必見です。

ちなみにストーリーには関わってはいないが、メタナイトもいる。コロシアムで戦える強敵だ。
バンワドは2P操作時に出てくるけど……基本、街で待機です。何故かって? そりゃ、自分がぼっt

良かった点その5「カービィらしくストーリーが分かりやすい。そして展開も熱い」

今作はムービーが多くて、しかも3Dらしく無茶苦茶凝っていた気がしている。

詳しくは話せないが、特にラスボス戦はBGMも相まって、当初は「うおぉー!」って言いながら倒したとか(まあ、どのカービィシリーズでもそうですが)
さらに最後の最後に感動するシーンもあり、トリデラ以来に感情が高ぶったで。

※ここから体験版クリア後に見れるPVのネタバレ注意

(それでも見たい方のみクリックして開いてください)


体験版をクリアした後に紹介PVを視聴できるのだが、途中でエフィリンがとあるボスに攫われてしまうシーンを見ることができる。
しかも今まで一緒冒険してきたパートナーだったので、突然のことにカービィが悲しむという珍しい光景が見れるのだ。


カービィのゲームの事だから、エフィリンが無事では済まないだろうなと。これ系の展開に大体予想がつくものといえば、


「黒幕がエフィリンを狙っていたのは、実は彼がとんでもない力をもっていたから?」

「そのため黒幕(ラスボス)の強化材料として利用されたりとか、普通に洗脳&巨大化されてカービィの前に立ちはだかったりとか……」


と体験版をプレイ後に色々考察していて、夜も眠れなかったとか。
友情を深めたカービィからしたら、たまったものではないけど、逆に「友達だからこそ助ける!」って進んで戦うかもしれない。


本来ならこの考察を発売前に投稿する予定だったが、忙しくて投稿出来ず、今回省略して語ってみた。そしてこの考察は当たっていたのか、当たっていなかったのか。

単純だったけど、結局ほとんどは……ましたよ(笑)

気になる点その1「コロコロカービィにムキになった」

ミニゲームはドキドキ!せつなのつりぼりが1番好きだったが、特にこのコロコロ!タマコロカービィだけはガチで発狂しかけるほどにやばいミニゲームでした。コントローラーを傾けて操作するわけだけだから、上手く操作出来ず中々のイライラ感。

特にレベル3が中々クリア出来ず30分以上かけてやっとクリアしたと喜びに浸っていたら、更に上の難易度(げきむず)が追加されたので、その時は「おいーー!」ってツッコんだね。

まあ、げきむずは%の対象外だったので、オマケと知ってほっとしたが。これがもし%に含まれていたら、ガチで精神がぶっ壊れていたかもしれん。

気になる点その2「ワイルドモードでも難易度は緩め。しかしやり込むと……」

特にアクションゲーム慣れているプレイヤーであるほど、ワイルドモードであってもステージは簡単にクリアできると思った。

また従来のカービィとは違い落下しようが、壁に挟まれようが体力さえ残っていれば基本的に死ぬことはなくなった。
しかも体力アップアイテムもあることから、体力を2倍にした状態かつそのアイテムを持ち込むだけで、大分延命可能。やば。

そのため緊張感はほぼないと言ってもいい。
もしやられたとしてもコインが減るだけだし、チェックポイントもあるので、最初からやり直すことはない。

さらにボスを相手にする場合には、攻撃力アップアイテムがあるので、これにより簡単にゴリ押し撃破が可能。
まあ、流石にとある隠しボスとかは、どんなに体力を上げても初見で倒すのは無理だったけど

次にステージ事のミッションはやり込もうとすると、難易度は一気に上がる。
最悪ワドルディの場所が分からない場合は攻略サイトを見ればいい話だが、一部のミッションは個人の腕前が試されることだろう。

例えばボスのノーダメ撃破がある。しかし今作は最強のソードと攻撃力アップのアイテムを使用できて、尚且つ回避が優秀なので、あとはボスの攻撃パターンさえ覚えておけばそんなに厳しくはなかった。

しかしボス戦以外の終盤ワールドは道のりが長いだけに、とあるミッションは失敗したらなんと「ステージの最初からやり直しになる」という鬼畜っぷり。これで何回心が折れかけたことか。

でも成功した際の達成感は、気持ち良かったから別にいいですがね。

初代タッチカービィの鬼畜ミッションを思い出したよ。また続編のレインボーも負けず劣らず、中々クリア出来なかったからね。カービィーはこういうのを入れてくれるから、よりゲームが上手くなれるよ。

最後に。アップデートもあるかな?

結局は100%クリアという目標は達成したので、やることはほぼなくなったと言っても過言ではない。

しかしスタアラは無料アプデでにより、現在は一気にやり込み要素が増えたので、もしかしたらディスカバリーもワンチャンあるかもしれない。
例えば新モードの追加とか、ワイルドモードよりさらに体力が低くてアイテムの持ち込み禁止の高い難易度設定の追加とか。

まあ、無料アプデが来てもこの記事でちょこっと追記するぐらいなので、もしアプデが来た場合には最後まで楽しませて頂きますよ。

星のカービィディスカバリーの購入はこちら
¥5,219 (2024/04/12 08:30時点 | Amazon調べ)
楽天ブックス(ダウンロード)
¥5,914 (2024/03/15 20:40時点 | 楽天市場調べ)

未知なる新世界を3Dで大冒険ができる「星のカービィディスカバリー」は絶賛発売中!まだプレイされた事のない方は、是非とも手に取ってプレイしてみて下さい!

さらに体験版も配信されているので、製品版の購入に迷っている方は体験版をプレイした上で今作の購入を検討してみてはいかがでしょうか?



最後に開発陣へ! 最高のカービィをありがとうございました!

今日はここまで。
ではまた

画像(© HAL Laboratory, Inc. / Nintendo)

もしこの記事がいいね、参考になった、共感したと思ったら「♡」をポチっとお願いします!
(今後の記事作りの参考とさせて頂きます)

この記事が良かったらシェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お仕事募集中(紹介して欲しい製品があればお気軽にお問い合わせください)

【コラム】SNSでバズって有名になりたい絵描きは「SocialDog」の利用がおすすめ!

近年はSNS社会でユーザーに絵を見てもらう機会が増え、絵の仕事も取りやすくなった時代。そんな中このような無料の解説記事を読んでも、

  • SNSで中々バズらない
  • フォロワーやいいねが増えない
  • 絵の仕事が取れない


そんな絵描きはSNS アカウント運用ツール「SocialDogを始めてみてはいかがでしょうか。


このサービスはSNSの運用を効率化させることで有名で、イラストレーターは勿論、大手企業も利用しています。

例えば関連ハッシュタグ機能で「#イラスト」と検索して「#絵描きさんと繋がりたい」など絵に関連するハッシュタグを沢山表示し、いいね数などエンゲージメントに繋がりやすいものを見つけることができます。

その他にも、

  • 指定した時間の予約投稿
  • フォロワーの獲得分析
  • エンゲージメントの増加率などを自動的にグラフ化
  • フォロワーの興味や関心をワードクラウド形式で表示

など、SNSでバズるための便利な機能も盛りだくさん。



詳しくは公式サイトをご覧ください。

目次