遅筆絵描きが買って後悔したもの4選【失敗談】

この記事には広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、自称無名遅筆絵描きブロガーです。

10年以上もデジタルに関わっているのなら、優秀でお気に入りの製品も一つか二つはあることだろう。

あわせて読みたい
遅筆絵描きが買ってよかったものランキング!10選 こんにちは、自称無名遅筆絵描きブロガーです。 10年以上もデジタルに関わっているのなら、優秀でお気に入りの製品も一つか二つはあることだろう。 そこで今回は「これだ...

前回はこのように「これだけはマジで買って良かったもの」を思い出として語りつつ、ランキング形式で10選紹介した。



しかし今回は逆に「買って後悔したもの」を4選紹介しようと思う。
一応あの時は買って良かったけど、年数が経過するごとに進化していく製品が増えた結果、下位互換になったものばかりであるため、後悔ではないかもしれない。

とか言いつつ、最後は「不良品を買わされた製品」が出てくるので、正直こっちの後悔の方が大きいかもです。しかし最終的にはあれだったけど

それではどうぞ。

PCデスク(ただし購入してない)

ペンタブが置けないし、操作がしにくい。

ということで、専門学生時代から数年に至るまでしばらく勉強机がパソコンデスクと化し、現在はフィギュア置き場&本棚&ゲーム置き場として利用することになってしまったPCデスクを紹介!

ちなみにこちらは自分が中学生の頃に父親に購入してもらったやつ。
この時はまだパソコンでのネットサーフィンが主流で、PCで絵を描くこと自体がまだ珍しかった時期だった。

WindowsXPのパソコンなら問題なかったが、以降のPCモニターは横サイズが大きいため完全に無意味。前に使ってたNECの「VALUESTAR」ですらギリギリだったし、特にUSBケーブルが刺せなかったのは痛かった。


そのため本来のパソコンデスクとしては利用出来なかったが、アイテム置き場としての有効活用が出来ていたことから救いはあったかもね。



【余談】昔のPCデスクだから売られていないと思ったら……

いや、普通に同じやつが売ってたわーー!見つけた時、声出して笑った

まあ、自分も父親もこの時は「パソコンでネットサーフィンが出来ればいい」感覚だったかもしれないなぁ。まさか数年後に自分がペンタブで絵を描いたり、L字デスクでデュアルディスプレイ環境にしたりするなんて……

画像の通り、本棚にすることが可能だったのは、使い方として間違っていなかったようだ。棚の高さも自由に調整できるしね。




長くなりましたが、本編へどうぞ。

目次

遅筆絵描きが買って後悔したもの4選

12インチ液タブ+α

液タブの何が凄いねんって、板タブとしても利用出来る点。……そんなことを思っていた時期もあった。

まずは板タブを長年使っていた身としては購入しなくても良いかと考えていたし、試しにX-PENで安く売られていた12インチ液タブ「Artist 12セカンド」から。

ただしこの時はデスクトップPC「raytrek XV-Ti」のグラボのHDMI端子がひとつしかなければ(あと3つはDP端子)、最初に購入したモニター「Viewsonic VA2418-SMH-7」自体もHDMI端子のみの対応だったので、分配器やUSBアダプターを追加で購入する羽目になった。

そのためこれでも初液タブということで、1年ほどは使い続けるつもりだった。



だがしかし、あることに気づく。

そう、思った以上に12インチの画面があまりにも小さすぎたのだ。

序盤は液晶の画面を見て使っていたとはいえ、結局は板タブのようにモニターを見て作業をするようになってしまい、液タブ本来の使い方をしなくなった。

やっぱり画面が小さいとどうしても広いモニターを見てしまうんだよね。

そのことに後悔して、最低今年末か何年後には21インチの液タブを購入して、本格的な液タブで創作活動を楽しもう……


と思いきや、16インチ液タブ「HUION15.8インチ液晶ペンタブレット『Kamvas Pro 16(2.5K)』」を提供された結果、この12インチの液タブは完全に使用することがなくなってしまったのだ。

さらに、

デスクトップPCがDP端子3つとHDMI1つしかないのなら、HDMI端子しかない「Viewsonic VA2418-SMH-7」モニターをDP端子に変えればいいじゃないか?

とその時に気づいて、追加で変換ケーブルを購入。しかも安かった。

結果としては12インチの液タブは数ヶ月しか使用せず、さらに知識不足故にHDMI分配器も購入した意味がなくなったとさ。

昔から「モニターを映すならHDMI」としか知らなかったからこそ、起きたことだと思います。

ちなみにこの液タブは後に約3万円で購入したものをプレゼントする感覚で(?)、一応デザイン関係に興味があった弟にあげた。折角L字デスクも貰ったからさ……

要するに買って後悔したのは「HDMI分配器だけかもしれない。

あと勘違いしないでほしいのは、この液タブに悪い点は一切なく、むしろよく売れている人気NO.1の製品なので、液タブを最安値で購入したい絵描きにはおすすめだよ!

普段からスマホやタブレットで絵を描いている絵描きならこれで平気だと思うが、自分のようなデスクトップPCで絵を描いている絵描きは最低でも「16インチ以上の液タブ」を購入したほうが良いかもしれない。

(画面が大きければ大きいほど作業効率が上がるためだ)

モニターデスク

パソコン周りを良くするために当初は家電量販店で3,000円を出して購入したものの……

自分が購入した商品とは違うが、見た目はこんな感じの製品。


しかし数ヶ月後にネットで調べたらコンセントを差す端子やUSB端子付きのやつが売り出されていた件。

完全に下位互換。
正直あのクオリティで3,000円は高すぎるよなと思いましたし、もっと便利な機能が備わっていたら良かったのに……と何の特徴も無いシンプルなモニターデスクが変に見えた気分だったよ。

一応今でも使っているし、悪くはないんだがね。
モニターデスクなので、上に上げることで姿勢も良くなるし、キーボードも収納出来るしで決して使えんことはない。キーボードに関してはスライダーを購入したから意味ないことになっているんだが

さらに今月にはダイソーでなんと「税込550円のモニターデスク」も購入。素材は木製のままかつ、配線を下から通すことは出来ないが、コスパは最強。

いい時代になりました。

ちなみにネットでは引き出し付きなど便利なモニターデスクも売られている。多分自分が買うことはないと思いますが。

100均のケーブルボックス

セリアやダイソーで売られているやつ。しかしサイズはかなり小さくせいぜい入ったのは、



「2口コンセント」とスマホの充電で使う「ACアダプター」のみであった。

また後に3coinでは500円でやや大きめのが売っていたものもあったが、結局は不安だったので最終的にはAmazonでサイズの大きいケーブルボックスを1,000円ほどで買うことにした。


そう前回商品した「コンセント収納ボックス」である。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

まあ、100円商品だから後悔としてはこちらが非常に薄いかも。

しかしやや高い金額を払っても損はないはずなので、大きいサイズで色々と収納出来るように、余裕はもっておこうと思った。

1,200円の無線ヘッドホン

今まで紹介していた製品は値段や性能の下位互換などが原因で後悔したものだっただが、まだ使えるレベルだった。

しかしこれは1番のハズレ製品で後悔、どころか不良品を買わされてしまったやつ。

ちなみに前回はこの上記の「無線ワイヤレスヘッドホン」を買って良かったことを話したが、実はその前にこの値段以下の1,200円の安いワイアレスヘッドホンを購入していた。


しかしあちらは充電が3時間しかもたず、20%にもなると「充電してくれ」と英語で何度も言ってきて音楽を遮るわ、長時間つけても耳に負担がないと書いておきながら痛かったしで、完全に不良品だったのだ。

今までだと評価を気にしていたけど、この時に限って「まだ誰も購入していない商品」だったことには目もくれず、安い値段に目がいっていたことから「あ、やらかした」と思ったよね。
しかも届いた際の袋が汚すぎて、商品が良ければ……と思ったらこのザマである。


(今はレビューが星2.6となっているので、自分と同じ目にあったユーザーもいたのだろう)

そのため初めての「返品リクエスト」を送ることに。
しかし発送先は中国だったため当然送料がかかってしまうし、むしろこの不良品ヘッドホンより高い。

これは返品リクエストを送るべきではなかった……のかと思いきや、先に返金が来たのと1週間待っても連絡がこなかったことから、返品せずに済んだとか。




初めてのケースだったので、一応中国のAmazon公式オペレーターを通じでチャットで問い合わせたけど、

「1週間以内に出品者から連絡が来ない場合はそちらで商品を処分してくれても構わない」

とのことだったので、何も知らずに慌てて送料込みで返品するところでしたぜ。
あとオペレーターの方めっちゃいい人過ぎて、チャットの対応も早すぎたから、また相談したいと思いました。

本当ならその商品を晒す予定だったが、まあ、返金はしてきたのでね、辞めようかなと……

が、これだけは言っておく。

1,500円以下のワイレスヘッドホンは絶対に買うな。




というわけで、買って後悔した商品紹介たちの紹介でした。

数年前とは違いPC周りの知識やAmazonでの利用が多くなったことによって、色々と理解できるようになりましたが、やはり知識不足で購入したもの使わずに捨てるのは非常に勿体無いよね。
そのため身内の誰かにあげたり、別の方法で使用したりと有効活用はしていますが。

最後は不良品でしたけども、それ以外は下位互換でも別に使えるものなので「予算に余裕がないけどどうしても欲しい」って方は購入してみると良いかもです。



特に中国製品は当たり外れ凄いですからね。

今後からは安い値段だけでなく、おすすめ順かつ評価が沢山付いている商品に注目してから買うように気をつけようと思います。

今日はここまで。
ではまた

もしこの記事がいいね、参考になった、共感したと思ったら「♡」をポチっとお願いします!
(今後の記事作りの参考とさせて頂きます)

この記事が良かったらシェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お仕事募集中(紹介して欲しい製品があればお気軽にお問い合わせください)

【コラム】SNSでバズって有名になりたい絵描きは「SocialDog」の利用がおすすめ!

近年はSNS社会でユーザーに絵を見てもらう機会が増え、絵の仕事も取りやすくなった時代。そんな中このような無料の解説記事を読んでも、

  • SNSで中々バズらない
  • フォロワーやいいねが増えない
  • 絵の仕事が取れない


そんな絵描きはSNS アカウント運用ツール「SocialDogを始めてみてはいかがでしょうか。


このサービスはSNSの運用を効率化させることで有名で、イラストレーターは勿論、大手企業も利用しています。

例えば関連ハッシュタグ機能で「#イラスト」と検索して「#絵描きさんと繋がりたい」など絵に関連するハッシュタグを沢山表示し、いいね数などエンゲージメントに繋がりやすいものを見つけることができます。

その他にも、

  • 指定した時間の予約投稿
  • フォロワーの獲得分析
  • エンゲージメントの増加率などを自動的にグラフ化
  • フォロワーの興味や関心をワードクラウド形式で表示

など、SNSでバズるための便利な機能も盛りだくさん。



詳しくは公式サイトをご覧ください。

目次