3年前の過去絵を添削リメイクしてみた【初描きCOJルキフグス】

この記事には広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!




たまに質問箱でも絵について色々と教えていることから、今回初の添削記事を上げることにしたよ~
というわけで、早速添削する絵がこちら!








……って、いきなり酷すぎるわ!

しかもCOJのルキフグスやんけ!
一体誰や!こんな推しキャラを低クオリティで仕上げた『下手くそ絵描き』は!




まあ、『私』なんですけどね。正確には『3年前の私』が描いた絵なのだ。

と、一旦自虐はここまでにして、まずは最初に「このイラストがどういう経緯で描かれたのか」を箇条書きで分かりやすく説明しよう。

「このイラストの説明と描いた経緯について」

  • コードオブジョーカーのファンアートで、背景込みのフルカラーデジタルイラスト。キャラクターは「ルキフグス」という名のユニット(TCGで言う所のモンスターカード)
  • 描いた当初のタイトルは決まっておらず、単にこのゲー厶が開催していた『イラストコンテストに出すため、Twitterに投稿したイラスト』である。
  • 完成日時は2018/2/9。自分が専門学校を卒業する1ヶ月前に描いたもの。つまり専門学生時代最後の背景込みのフルカラーイラスト。
  • 制作時間は3日で50時間。夜中の2時過ぎまで、必死で描いたとされる。
  • Twitterでの反応いいね12とRT10が今まで以上に反応多かったことから、その時は「反応が多くて嬉しい!描いて良かった!」なんて、当時は思っていたのだ。




当時のツイート

(今はこの絵を「初描きルキフグス」と命名している。現在いいねなどが少なくなったのも休眠垢の凍結によるものだと思われる)


しかしその3ヵ月後には、あまりの低画力さにショック受けて、1年も経たずにして黒歴史呼ばわり。自己評価記事では「黒歴史&駄作」を評し、以降はTwitterやブログでの自虐ネタとして利用されてしまった過去絵……なのだ。

特に1年前はあまりにも黒歴史過ぎて直視すら出来ず。しかもそれを払拭するため、過去に2回ほど彼をリメイクしてきた。それはポーズやアングル自体を一新するほど。


これとか



これとか

そんなこんなで3年以上の月日が経ち、専門学生時代を上回る高クオリティなオリジナル絵が描けるほどに成長。
目も冴えてきたことから、ここから添削とリメイクに移りたい。悪い部分もあれば、中には良い部分もあるので、制作時間1時間毎に分けて紹介したいと思う。

未だに絵が上手くならない初心者は是非参考にしてみて下さい。

目次

実はリメイク予定だった?ベースの線画制作の話

投稿が見つかりません。
投稿が見つかりません。
投稿が見つかりません。



8月に描いたとされる線画を3時間(記事で公開されている時間を参考)ほど描いた後、半年以上も放置。再び今月から線画修正した2時間を含めて大体5時間ぐらいか……


特に今回は「元絵のイメージを保ちつつ、今の画力にリメイクする」のを目的とし、ポーズやアングルはそのままに。あと気持ち悪かった微笑顔も採用。
そして頭身も若干下げることに(どうやら元絵はデッサン人形を198cm設定にしていたらしく、185cmに変更した)

ちなみに元絵のラフはこんな感じ↓

最初に描いたけど没になったラフポーズ

採用したためか、デッサン人形を使い描かれたラフポーズ

勘のいい絵描きならこれを見て、何かに気づいただろう。そう。いきなり元絵の良かった所1つ目として上げられるのは「ラフ案を2つ以上考えている」ことだろう。

ラフはこれから描こうとするイラストの完全図をイメージする作業だ。出来れば2つ以上決めるが望ましく、これを行ったことで後からポーズが嫌になって修正する手間を省いているのだ。その行動には早速高評価を付けたい。

フカン視点の彼も見たかった気持ちはあるが既に公式絵で描かれていたので、アオリ視点にしたのは正しかったか……
今でもたまにラフを2つ以上描かないことがあるので、考えを改めることにしたよ。

自分が当時憧れていたイラストレーター様の公式絵↓

https://www.pixiv.net/artworks/58297646

以降はこの絵を「公式絵」と呼ばせて頂きます。





あと当時の自分の塗りはブラシ塗りだったため、線画はかなり細め。ブラシはアナログ感を出すクリスタの「カスタムGペン」よく使っていた。

https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1364761

また線にあまり立体感がない(?)のも、後から色塗りで誤魔化そうとしたことが伺える。


元絵の線画



「初描きルキフグスリメイク2021」メイキング(完成日時 2021/4/16)

使用ソフトはイラスト制作で圧倒的の使いやすさ、「クリスタ」で描いています。今回のメイキングはクリスタを使用した制作の流れになって来るので、まだの方は是非ダウンロードしてみてください!

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】


【1時間目「服を直そう」】


これより添削で描いた線画をベースにリメイクしていくが、まずは身体の中で悪かった箇所を紹介。細かく探したらキリがないので、特に目立っている箇所のみを。

元絵の悪かった所その1「服がダボダボすぎる」

原因としては恐らく……てか、過去の自分ならやりかねないが、「アオリ構図」だったから服を大きくしたと思われる。服だけに、吹くわ(おい)
また服のサイズのせいかボタンが若干小さく見えており、大分公式絵からかけ離れるほどの違和感があった。本当に小さい(2回目)

下手すれば4、5Lサイズ……と、「身体的にやべぇだろ」の一言だったので、スリムにすることにした。

元絵の悪かった所その2「左手のポーズが無茶し過ぎ」

どうしてこんな難しいポーズに挑戦しようと思ったのか

今でも初心者にクリスタのデッサン人形を勧めているが、人体への知識が少なかったりすればこのような違和感を生み出すことになる。

ちなみにリメイク時左手のポーズもそのままにする予定だったが、結局バランスが悪いと感じたので、こちらだけ変更することになった。それぐらい扱いがムズイ

「修正過程」

動画

初めての動画メイキング。過去に諦めていたのが叶った。


進捗イラスト

もう遅筆から抜け出せたのか、この時点で陰影作業に入っている件。元々線画完成していたからね

元絵のポーズが色レイヤーとなるため、この時間では顔以外を線画に合わせて修正した。というより元絵は上から消した。変わっていないのは太腿ぐらい。

あと最初から時間を測るため、過去に描いた線画の制作時間を含めず1時間からスタートすることに。一応放置したイラストなので!


【2時間目「服に残りの陰影をつけよう」】

服のサイズは合っては無かったものの……

元絵の良かった所その2「服の影付けが公式並に悪くない」

背景と鍵杖なし

主に腕が少しテカっている感じやベストの模様まで丁寧にと、低画力だけど一生懸命公式絵を見ながら描いていたのが伝わってくるのだ。シャツのシワとかはまあ悪くないけど、こっちも頑張ったよねって感じで。あとフリルも。
特に太腿が大幅な修正不要なほど立体感あって良いこの時もフェチだったから、気合い入れていたと思われる。

「修正過程」

動画
進捗イラスト


色レイヤーは1つだけなので、陰影作業は乗算設定に。お陰でパーツごとレイヤーを分けずに済んだ。ちなみにハイライトはいつも最後に描きます。


【3〜4時間目「顔を整えよう」】

身体がどうこう言うより、元絵の酷かった部分「顔」について長々と。もう予測はついているけど。

元絵の悪かった所その3「表情がキモイ」


顎が細くて顔の形に違和感があるものの、これらは低画力だったから仕方ないとして、特に目と眉と口!

何だその男らしくない眉は! まるでカッコ良さが感じられん!

目とか何やねん!立体感もないし、瞳の光もないし!

そして口の形と重なってキモさが倍増

誰や、キャラにとって命である『顔を台無にした絵描き』は……



まあ、『私』なんですけどね(茶番2回目)

もう顔に関しては悪口しか思い浮かばん。今まで表情がキモイと感じたのは、これら低画力過ぎたのが原因だろう。何故ベストの模様みたいにベストを尽くさなかったのか!(だからやめい)

特にキャラ絵に取っては大事な部分なので、手と同じく、顔も1番気合いを入れるべき部分だと思った。



その時はもしかしたら気合い入れて、描いていたかもしれないけど……ボソッ

当初はこの表情を払拭するため男らしく眉を上まぶたに近づけて、彼の笑顔をしばらく消していたもの無理はない。

元絵の悪かった所その4「顔のアングルがきつい」

表情がキモく感じた原因の1つと言ってもいい。
このキャラはシルクハットを被っているのが特徴だが、帽子のつばのせいで目処が隠れてしまうのが難点だったのだろう。そのためアオリ視点に。

少なくともあの表情よりかはマシな部類。

今まで描いたことがないアングルに挑戦する姿勢は素晴らしかったが、やはり入選を狙うイラコンには不向きだった。一応男かつ、TCG内でも戦闘力が強い部類に入っているからこのアングル顔はありだがね


「修正過程」

動画


本当はこれを見せたかった、顔が変わる一部始終。


なんということでしょう。低画力で描かれた彼の顔が、一気に変わってしまったではありませんか。酷かった部分が修正されるのは見物。

まさに、整・形・や!

進捗イラスト


これにてキャラのポーズは完成。最後に背景と仕上げに移ろう。キャラよりかは単純だから、オマケということで。

【5〜6時間目「背景と仕上げ」】


元絵の悪かった所その5「背景の色」

何故地味な緑系統にしたのか謎ではある。毒々しいのか、汚染されているのか。
キャラを目立たせるためにとった手法ではあるが、そもそも紫主体の彼には不要な色合い。そのため素直に同系色の紫で馴染ませたら良いなと感じた。今の自分ならそうする。

元絵の悪かった所その6「キャラが明るい」

暗い背景にも関わらず色になじみがないというか……

要するに乗算で暗い色(元絵だと緑)を乗せてクリッピングが出来ていないということだ。
ただデジタルでの仕上げテクニックが、まだまだ未熟な故のミスだろう。

「修正過程」

動画


進捗イラスト

背景は元絵と同様のやつを引き続き使用。変更はぼかしと色合いを紫系統にしただけ。また後ろの羽装備と鍵杖は過去に使った物を代用。初描きは当然1から描いていたものの、今回は時間短縮として大目に見て下さい……

光の当て方とかは、今でも適当にしているから何とも言えないが…… とりあえず綺麗に見えれば良いって感じである。


次はいよいよ最後。7時間目。最終仕上げ。
早速ネタばらしするなら、もっと派手にしたかったけど、元絵の味を出したいが為に今回の仕上げは控えめにする結果となった。

と、完成まであと僅かだが、その前にもう1つ。この元絵の1番悪かった所を紹介。それは今やったらマジで怒る「ある重要なミス」なのだ。しかしこのミスに気づいたからこそ、今の画力があると言っても過言ではない。

それは勿論、最初に上げたツイートに答えが……




元絵の悪かった所その7「時間をかけなかったこと」


むしろ画力なんてどうでもいいし、元々低かったからこそこのクオリティだ。正直このような添削をしたところで意味は無い。
しかし何より許せなかったのが、「時間をかけず絵を投稿した」こと。これが元絵における最も悪い点である。

なんか夜中の2時過ぎまで制作して3日で50時間と過去に言ってはいたが、これ実は嘘で、本当は「20時間程度」じゃないかと感じるクオリティなのよね(3年前の場合)

その時は学校の課題で忙しく描く時間も無かったから3日以内で仕上げて、締め切りまで間に合わせたかった気持ちは分かるが。


でも、だからこそ時間に余裕を持って制作するべきだと!

どうせ採用されずとも、時間をかけて仕上げる。それがイラストコンテストではないのか!

締め切りギリギリで、しかもたった数日で完成させた作品なんて駄作になるに決まっているじゃないか!

その結果がこれ。だから酷い言い方をするなら「最初からイラコンなんて参加しなければ良かった」話である。

(そう言いきれるのも)実際に初描きルキフグスを描いたその一ヶ月後に、同じゲームのキャラであるかつ初描きであるロキを制作したが、こちらは約1ヶ月で60時間というかなり時間をかけて描いていた。



画力はほぼ同じだったがエフェクトの付け方や背景などが綺麗で、時間をかけていることが分かるため、むしろルキフグスよりかはマシな部類である。

最終的にはあの初描きルキフグスは入選しない結果となったが、せめて時間さえかけていれば「見直す時間」「それを手直しする時間」が取れたはずだろう。
特に初描きだと「まだ描き慣れていない部分ばかりを描く」ので、尚更時間をかけるべきである。近年のTCGのカードは衣装が派手で細かいことで有名だし。

【余談】

あとこの経験により、毎年恒例のハロウィンイラストを描く場合は必ず1ヶ月以上前に制作するほど、余裕を持たせている。最低9月から。そして去年のハロウィンイラストだとアル様のキャラデザは8月に考えていたからねぇ。夏じゃん!

まあそれぐらい時間をかけないで慣れないイラストを描くのは、わざと「未作品出して大恥をかく」くらい危険な行為だと言うことが分かるだろう。

あわせて読みたい
【進化イラスト!?】展示用にエフェクトを追加した、オリキャラ吸血鬼「アル様立ち絵」 これぞ、ソーシャルゲームで言うところ、進化イラスト!が完成したので、早速ご紹介。 アル様立ち絵をリメイク!を更にリメイクしてみた!総制作時間、計27時間!またし...


もし前回の記事のように満足出来ないなら修正する。これが私の本気絵に対しての向き合い方だ。


最後に。初心者絵描きたちに向けて


人は誰しも忘れたい過去を持っている。それは絵描きも例外ではない。しかし過去絵を見つめ直すのは、画力向上に繋がるので逆にやるべき行為なのだ。

というわけで、過去絵を見るのが恥ずかしいから消すのではなく、いつか自分自身の画力が上がった時に色々と振り返れるため、手元に残しておきましょう。今回みたいに修正リメイクもできるわけだし。

今日はここまで。
ではまた








【7時間目「完成」】



例え入選せずともこのクオリティーでイラコンに参加したかった……



動画

もしこの記事がいいね、参考になった、共感したと思ったら「♡」をポチっとお願いします!
(今後の記事作りの参考とさせて頂きます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お仕事募集中(紹介して欲しい製品があればお気軽にお問い合わせください)

【コラム】SNSでバズって有名になりたい絵描きは「SocialDog」の利用がおすすめ!

近年はSNS社会でユーザーに絵を見てもらう機会増え、絵の仕事も取りやすくなった時代。そんな中このような無料の解説記事を読んでも、

  • SNSで中々バズらない
  • フォロワーやいいねが増えない
  • 絵の仕事が取れない


そんな絵描きはSNS アカウント運用ツール「SocialDogを始めてみてはいかがでしょうか。


このサービスはSNSの運用を効率化させることで有名で、イラストレーターは勿論、大手企業も利用しています。

例えば関連ハッシュタグ機能で「#イラスト」と検索して「#絵描きさんと繋がりたい」など絵に関連するハッシュタグを沢山表示し、いいね数などエンゲージメントに繋がりやすいものを見つけることができます。

その他にも、

  • 指定した時間の予約投稿
  • フォロワーの獲得分析
  • エンゲージメントの増加率などを自動的にグラフ化
  • フォロワーの興味や関心をワードクラウド形式で表示

など、SNSでバズるための便利な機能も盛りだくさん。



詳しくは公式サイトをご覧ください。

目次