イラスト専門卒がおすすめする「イラスト添削サービス」を紹介

この記事には広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
あわせて読みたい
【闇】ヤフー知恵袋などの匿名イラスト添削がガチでおすすめ出来ない件 絵の描き方を学び、上手くなる。近年では学校に通ったり、参考書を買い漁らずとも、ネットで簡単にイラストを学ぶ機会が増えつつある。 特に「ヤフー知恵袋」は無料で利用...

前回の記事では匿名でイラストを添削して貰うのは、ガチでおすすめしないことを話した。

しかしそれでも上手くなるために、自分のイラストを誰かに添削して貰いたい方はいるはず。
一応講師やプロが動画用のために募集をかけているが、やはり人気であるほど応募者は沢山いると思うし、選ばれないことも多い。
あと自分のイラストが沢山の人に見られるのに、抵抗がある人もいるだろう。



そこで今回はイラスト専門学校で学んだ卒業生の私が調べた限りの中で、おすすめする「イラスト添削サービス」を紹介したい。

低額で学びたい絵描きや高額でガッツリと学びたい絵描きに合ったものをそれぞれ紹介していくので、気になったサービスがあったら一度覗いてみてほしい。それではどうぞ。

目次

最低500円から⁉ 添削可能なサービス

【sessa】

Twitterと連携して使えるイラスト添削サイトsessa。講師は現役のイラストレーターや実際の学校講師が多め。

さらに料金は一回最低500円で依頼出来るが、実際は1,000〜3,000円がほとんど。

そして講師のプロフィールには今まで行ってきた添削の経歴や評価が公開されているため、高いほど今後の画力アップも間違いなし!?
ただしその分値段も4,000~5,000円と高いので、予算を考えて依頼するように。

【Skeb(アドバイス)】

最近追加されたSkebのアドバイス機能。
sessaと同じくTwitter連携登録かつ、クリエイターによっては最低500円から添削可能なのが特徴。またsessaとの違いとしては、添削の他にイラストリクエストも受け付け出来る点

添削次いでに何かを描いて貰うつもりなら利用してもいいかもしれない。

オンライン授業サービス

【パルミー】

有名なオンラインお絵かき講座サービスパルミー

主にプロ講師が解説してくれるため、オンライン授業でイラストを学びたい絵描きにはおすすめ。しかもオンラインなので好きな時間に受講できて、動画は繰り返し視聴可能。また動画で分からないことがあれば、講師に質問も送れる。

さらに「7日間の無料体験」も出来て、月額料金も9,800円(6ヶ月プランの場合)とイラスト専門学校に通うより安い。


そんなパルミーも定期的に添削を開いているが、「月謝制6ヶ月プラン契約会員(1ヶ月プランを6ヶ月以上ご契約されている方も)」に入っていることが条件なのでご注意を。

もし入っていれば添削を「無料」で受けることが可能だ。

また無料で公開している講座記事も沢山あるので登録する前に読んでから、受講を検討してみてもいいだろう。

\今なら7日間無料!/





特に25歳未満の学生さんなら全プランを「50%OFFの学割」で受けられるので、非常にお得です!(6ヶ月プラン→4,900円)

あわせて読みたい
【パルミー】学生さん限定!月謝制の各プランが50%OFFの学割サービスについて 【2022/5/10 追記】Amazonギフト券プレゼントありの期間限定学割キャンペーン時に書いた記事ですが、パルミーを始めたい学生向けに再編集して投稿しております。 「パル...

詳しい詳細はこちらの記事もご覧ください。

【CLASS101】


2015年に韓国で始まり、2020年には日本にも来たオンラインイラスト授業サービス「CLASS101」。

前までは受講期間に制限があったが、今年の9月から追加されたサブスクCLASS101+ としてパワーアップし、レッスン動画が見放題になるだけでなく「14日間の無料体験」が可能となった。


またジャンルはクラフトやアートのイメージが強くて、水彩画が多めかつ絵柄も若干大人向けなサイトだった。
しかし最近は萌え系や可愛いデジタル絵も増えつつあるので、アナログ絵描きは勿論デジタル絵描きにもおすすめのサイトである。

月額1,950円から加入できるので、イラストだけでなく色んなジャンルを学びたい絵描きも是非。



ちなみにアナログ系はどうしても道具が必要になってくるが、なんとこのサイトでは追加料金で「キット発送」もできる。わざわざ自分で道具を揃える手間も省けるのは嬉しいシステムだろう。



そして肝心の添削は……と言うと、どうやら動画下のコメント欄に画像をアップ出来るらしく、動画で学んで描いた自分のイラストを載せれば先生からの添削コメントが貰える。分からないことがあれば、是非聞いてみよう。

※ただし見放題の「CLASS101+ 」では講師がフィードバックすることはどうやら必須ではないようで、イラストを載せても返信が来るとは限らない模様。今後に期待である。

3STEPで完了!公式サイトはこちら!


スキルマーケット系

【ココナラ】

会員数100万人以上、CMにも度々流れるスキルマーケットの代表格「 ココナラ

Twitterとかは大体口約束だけして依頼主がトンズラするケースとかがあるけど、ここでは先払い形式なので金銭トラブルが少ない。また個人同士のチャットでやり取りするので、イラストが皆の前で公開される心配はなし。

最低1,000円から添削でき、相手がプロであるほどより高額になる。

またイラストだけでなく似顔絵とか漫画の添削もあるので、その分野を目指す絵描きも利用できるだろう。


まずは試しに無料登録だー!

【SKIMA(スキマ)】


スキルのオーダーメイドマーケット「 SKIMA 」。

ココナラとは違い会員数20万人と少ないが、イラストに特化しているのが特徴これにより自分好みの絵柄が見つかるかもしれない。かわいい絵柄、かっこいい絵柄……

また添削料もサービスもココナラとそんなに変わらないので、選ぶならお好みで。 まずは試しに無料登録だー! (二回目)

ちなみに添削とは関係ないけど、イラストをただひたすら褒めまくるサービスもあるみたい(評価を見た感じ、結構人気)
SNSとかに投稿した自分のイラストへネガティブなコメントが付いちゃった時に、慰めてもらうのも悪くないと思います。


無料で添削

【pixiv添削グループ】

紹介するかは迷ったが一応。

知恵袋や匿名掲示板とは違い、暴言や荒らしもないことから安心して利用できる添削グループ(チャット)。まず誹謗中傷した時点で追放されます。

ただしこちらも教える側が必ず上手い人とは限らず、むしろお互いに成長し合うコミュニティなのでプロ並の添削は期待しない方がいいだろう。もしプロ並みの添削をされたらラッキー程度に。

最後に

と、全体的には有償のサービスばかりではあった。
で結局、「無料で受けられるちゃんとした添削サイトはないの?」と思われるが、そもそも有料なのが当たり前なのだ。


じゃあ、あれらのサービスが存在し続けているのは何故か?絵が上手くなりたいもしくは仕事をとりたい人たちが、活躍しているイラストレーターに受講して貰うために授業料を払っているのだ。

またイラストレーターとして活躍している講師も時間を割いてまで、ユーザーに対して丁寧に添削や授業を行っている。彼らにとってはそれもイラストの仕事の1つだ。

もし売上に貢献出来なければ、当然「サービス終了」となる……

現在サービスが続いているのもその方たちのお陰である事を、忘れないようにしましょう!

以上!!

今日はここまで。
ではまた

もしこの記事がいいね、参考になった、共感したと思ったら「♡」をポチっとお願いします!
(今後の記事作りの参考とさせて頂きます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お仕事募集中(紹介して欲しい製品があればお気軽にお問い合わせください)

【コラム】SNSでバズって有名になりたい絵描きは「SocialDog」の利用がおすすめ!

近年はSNS社会でユーザーに絵を見てもらう機会増え、絵の仕事も取りやすくなった時代。そんな中このような無料の解説記事を読んでも、

  • SNSで中々バズらない
  • フォロワーやいいねが増えない
  • 絵の仕事が取れない


そんな絵描きはSNS アカウント運用ツール「SocialDogを始めてみてはいかがでしょうか。


このサービスはSNSの運用を効率化させることで有名で、イラストレーターは勿論、大手企業も利用しています。

例えば関連ハッシュタグ機能で「#イラスト」と検索して「#絵描きさんと繋がりたい」など絵に関連するハッシュタグを沢山表示し、いいね数などエンゲージメントに繋がりやすいものを見つけることができます。

その他にも、

  • 指定した時間の予約投稿
  • フォロワーの獲得分析
  • エンゲージメントの増加率などを自動的にグラフ化
  • フォロワーの興味や関心をワードクラウド形式で表示

など、SNSでバズるための便利な機能も盛りだくさん。



詳しくは公式サイトをご覧ください。

目次