【クリスタ】【テクニック】超簡単に影塗り⁉3Dデッサン人形を参考に陰影を付ける方法

イラスト上達法(描き方)

こんにちは、水スライムです。

f:id:mizusuraimu:20190616122345p:plain

早速だが、クリスタには「3Dデッサン人形」が備わっているのをご存知だろうか?
最も難しいポーズを描く際には、是非とも使いたい機能であろう。


今回の記事では3Dデッサン人形を使っているもしくは使い慣れた絵描きたち向けて、そのテクニックを教えたい。

そんな3Dデッサン人形の使い方を簡単に解説している過去記事はこちら↓

【絵描き向け】人が描けない... ならクリスタの「3Dデッサン人形」を使おう!
こんにちは、水スライムです。いつも記事を読んで下さりありがとうございます。私はこれまで人間キャラを下手でもカッコよく描いてきた。バランスも悪くはないけど、実際はそうではないのだ。 「正直に話すと私、人を描くのがめっちゃ苦手やねん」...

f:id:mizusuraimu:20200815230230j:plain

アッパー!!

光源決めはここから↓

f:id:mizusuraimu:20200815230823j:plain

そんなわけでこの3Dデッサン人形は、ポーズ調整の他に「光源の調整が可能」という点がある。線画が完成すれば次に色塗りをするだろう。

こうすることで色塗りの際に、予め設定しておいた光源を参考に陰影を簡単に描けるし、ハイライトも加えられるのだ。

f:id:mizusuraimu:20200815231050j:plain

しかし問題としては、結局ベタ塗りで人形を隠してしまうので、折角の機能が無意味になってしまう点。


隣に人形を移動して描く手もあるが、3D自体の容量が大きいので、描き込みやレイヤーが多くなるほど重くなってしまう可能性は高い。
また背景を描いたり、2人以上のキャラを描くなら、尚更邪魔になりやすいとか。

f:id:mizusuraimu:20200815231536j:plain

そこで「新規ウィンドウ」の出番である。

まずは完成した線画ファイルを複製するか、新たに色塗りファイルを作成する。
そしてどちらかのファイルをキャンパス上で「ドラッグ&ドロップ」するだけ。

こんな風に(位置は邪魔にならない範囲なら、何処でも可)

f:id:mizusuraimu:20200815231716j:plain



あとはその新規ウィンドウを見つつ、影を塗るだけ!

f:id:mizusuraimu:20200815231935j:plain

その他影塗りだけでなく版権絵を描く際に、原作絵を新規ウィンドウにして載せたり。そもそも資料を見ないで版権絵なんて描けないから、新規ウィンドウは積極的に使っていこう。

【余談】

クリスタ使用歴は長いけど、まだまだ知らない機能やテクニックがあるので、見つけたらまた紹介しようと思う。

今日はここまで。
次回もよろしく〜

 

今回紹介した「イラストや漫画制作に特化したクリスタ」のダウンロードがまだの方は、こちらからどうぞ!↓

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】
タイトルとURLをコピーしました