SNSでの悪口やパクリ疑惑が怖すぎて「自分の描きたいイラストが分からなくなった」時の対処法

イラスト界隈の悩み&闇

タイトルが只事じゃねぇ!

数年前からイラスト界隈のしょうもない問題が多いことにより、現在イラストをネット……主にTwitterへ投稿するのが不安になっている方は多いはず。

そんな不安という悩みがあるから「ポーズ被り 怖い」とか「オリキャラ 似てしまった」とか検索して、個人の解決記事を読んだりしたのだろう。

このように絵描き初心者向けに悩みを解決する記事を投稿してきた自分なので、今悩みを感じている絵描きのことなんてすぐに分かるのだ。
今回はこの界隈の問題が色々と怖すぎて、最終的には、

もう何を描けばいいのか分からなくなった!


という絵描きに向けて、私なりの解決法を教えたい。そのため今回は個人の問題ではなく中傷や炎上系で。

それではどうぞ。



問題その1「自分の絵に対して悪口を言われる恐怖」

まずはよくある問題から。
例えば「下手くそ」とか「絵描くな」とか代表的ですよね。実際にそれを言われた場合も入れましょう。

当然言われてしまったらショックで絵なんて描けなくなるし、むしろ「悪口を言われないためには何を描くべきか」「絵が上手くなるまで投稿を控えるか」と悩むこともあると思います。

しかしネットにイラストを投稿する以上こういう問題には高確率で直面するので、相当な覚悟がいるでしょう。

ちなみに私は数年前に被害に遭いました。この時は下手くそではなく、「〇〇に似ている。オリキャラ語るな」でしたが。

このように絵がそこそこ上手い絵描きですら、「〇〇に似ている」「〇〇のパクリ」といった難癖もつけられます。

実にクs……いや、理不尽

解決法「無視、下手なアドバイスは受け止めない」

The Simpleです。

何よりその悪口を受け止めて何時までも塞ぎ込んでしまうと最悪「自分には才能がない」と思い込んで絵を描くのを辞めると思うし、何より自分の為にはならないだろう

そうならないためにも、悪口は基本的に「無視」がおすすめ。

特にSNSだとブロックも効果的だ。相手がしつこい場合はブロックしよう。
またTwitterだとキーワードミュート機能があるので、そこに「下手」「パクリ」と登録して、直接来ないようにするのも手だ。

しかし中には下手と言った上にアドバイスをされる場合がある。
が、そのアドバイスが本当に自分の絵が上手くなるための方法なのか?と考える必要もある。

もしかしたらその人は貴方より絵が上手くないもしくは絵を描いたことがない素人かもしれないし、逆にわざと貴方の絵を下手にさせようとしているかもしれないからだ。

自分の描きたいものが分からなくなるどころか自分の絵がさらに悪化してしまうので、アドバイスは出来れば信頼出来る人上手い絵描き(特にプロ)から貰うようにしよう。

あとヤフー知恵袋など匿名掲示板でアドバイスをもらうのはマジでやめとけ。素人も多いし、逆に悪口書かれる可能性が高いからね。


しかしそれでも悪口を直接見たり、言われたりするのが嫌な場合もあるだろう。そんな時にはブログを開設するか海外のイラストサイトに投稿するのがおすすめだ。

ブログだとコメント欄さえ設置しなければ、直接悪口が来ることもないので、対策は基本バッチリである。またファンなど特定のユーザーからコメントを貰いたいのなら、ファン限定にするのもありだ。

というよりブログにコメ欄を設置すると、ほとんどが便所の落書きの如く高確率でネガティブコメが付いてくるから、ブロガー曰くあまり推奨されていない。
実際に自分が遭いましたからね。何故移転した時に廃止しなかったんや!


また海外に向けて投稿する理由としては、あのような理不尽な難癖が付けられることがほとんどないためである。
特にdeviantartでのイラスト投稿おすすめです。

問題その2「他人と被るのが怖いから」

構図被り、ポーズ被り、キャラ被り、ネタ被り……

絵描きが不安に思っているものと言えば、これら被り問題だろう。


これ系の問題と言えば完璧主義者にありがちだと思っていたが、最近はパクリ系の炎上が話題になっていることから「自分も叩かれるのが怖い」的な意味で、絵が描きにくいかもしれない。

例として、被るのが怖いと思っている人の行動を推測するなら……

とあるネタ絵を描くつもりだったけど、調べてみたら別の誰が描いていた

時間をかけて制作したのに、後から調べたら誰かの絵と構図、ポーズが被っていることに気づく


とこのように誰かと何かが被るだけで不安に感じ、どちらとも最終的には絵を「没」にして最初から考え、描き直すことがある。しかも後者はそれを避けるために「資料を見ずに絵を描く」こともあるとか。

誰かに「〇〇の絵に似ている」「〇〇パクリ」って呼ばれることを避けるために……

解決法「むしろ影響を受けないと駄目」

残念ながらこれらが「絶対に被らない方法」は存在しないと思っておいた方がいい。

理由は至って単純だろう。

現代においてもう「創作物やアイデア、ネタが沢山ある」からだ。
そんな中で似ることは良くあることだし、もし時が進んでいき、いつかの時代にアイデアやネタをやり尽くしたのなら、必ず似ること、被ることは間違いないだろう。

というより、

昔から芸術は先人に感化されて成長していき、のちにその後人も先人(師)となり、後人たちから学ばれ、いづれ彼らもその先人のようになっていく……

の繰り返しだったそうだ。
そしてそれを証拠に現代においてもその文化は続いており、今や私たちを楽しませている。だから面白い作品が常に誕生しているのも、ああいった背景があるからだ。


特に今活躍しているプロはみんな、前に活躍しているプロ(先人)から「影響」を受けて学んできたからね。要はスポーツと一緒。


それと同じで漫画やアニメなどの作品を見て、それがきっかけで絵を描き始めたのなら、必ずその作品の「影響」が関わってくる。

影響は記憶と同じく頭から離すことは出来ず、その作品のイメージが常に頭の中にある状態だ。そのため自分が意図せずに絵を描いたとしても、勝手にその作品のイメージがついてくる


特にあの作品が好きすぎてオリジナル絵を描き始めたのなら、一部は必ず似ると思うので見ている側としては「あの作品に影響を受けたのだな」なんて思われることがあるのだ。

って思うだけでいいのに、近年は「〇〇のパクリだ!ふざけるな!」って騒がられる一方だが。


しかも中には「影響=パクリ」とも決めつけられ、

「パクるぐらいなら資料を見ずに絵を描け」とか言われるそうな……



Ha?

こんなん絵描きからしてみれば、何言ってんねんって話ですよ。だからオリジナル絵は他者の作品に影響を受けなければ描けないし、そもそもオリジナルを一から作れるわけがないって話で、しかも……もういいです

と、反論するのが面倒に感じるほどの赤文字で表記したものは、基本的に言いがかり、私怨、難癖として捉えておくべき。

そして謝罪する必要もない。
もしそれで謝る人が増えるのならこれが悪として定着し、最悪創作活動が廃れるどころか娯楽作品が生み出せなくなる可能性があるからねまさに風評被害。あれ?日本のネットってこんなに民度低かったけ?

著作権のある写真や絵をそのまま勝手に使って商用利用していたら騒ぐのも納得だけど、好きな既存の作品に影響を受けてオリジナル絵を描き始めただけでパクリ呼ばわりされるなんて……

要は既存の作品へのリスペクトも許されないということか……←え?



またこのような言いがかりはSNSが顕著なので先程悪口対策として話した通り、不安ならばブログや海外にイラストを展開すると良いだろう。

最近はとある版権絵を見るためによくdeviantartを訪れているが、差別表現にさえ気を付けていればフレンドリーな外国人が多くて平和だし、日本も少しは見習ってくれってつくづく思う。
数年後、今まで以上に理不尽な言いがかり私怨難癖問題(?)が広がり続けるなら、もう海外だけにイラストを展開した方がいいかもね。

あと何度も言うが既存の作品に影響を受けるのは絵を描く上で当たり前のことだし、逆に影響を頭から無くすことは出来ないからね。てか出来てたまるか。

脳みそ弄って、記憶を無くさない限りは……ね

構図被りやポーズ被り、資料を見ないことについて

(過去記事で解説したが、再びおさらい)

構図はイラストの見栄えを良くする大事な要素である。元々は写真で使われていた手法だが、イラストでも使える。例を出すなら、三角構図、三分割法、黄金比、ジグザグ構図など色々あるのだ。

たまに悪い意味で「構図被り」「構図パクリ」として悩み、時には騒がれているが、言葉としてはイラストで使われている手法を否定しているようにしかみえないと個人的には思っている。

じゃあイラストの見栄えを少しでも良くするために、三分割法を使って絵を描いただけでも騒ぐのかと。既存の絵をトレースせずに、自分でラフから線画までを仕上げたにも関わらず。



特に構図を意識して描かないと、何を伝えたいのかが分からない「つまらない絵」と化する。

例えデッサンが正しく、厚塗りで丁寧に仕上げ、上手く描いたとしても、相手に絵の内容が伝わらなければ意味が無いのだ。


さらにポーズの場合は人間キャラの場合だと限られてくるし、逆に誰しもが考えたことのない新しい人間のポーズを作るなら、骨折させて、指か腕を増やすのか?の話になってくるし。

これこそパクリではなく単純に「作画崩壊」「下手くそ」って言われるべきだろう。

じゃあ人間キャラの歩くポーズはどうしても被るから、人間キャラは常に逆立ちになって移動させるとか?

なんなら後ろ向きかつ、全員ムーンウォークで歩かせてみるとか?

……当然見ている側としては、


普通に歩かせろや!


って、思われるからね(当たり前です)

あと色々被るのが嫌で資料(モチーフ)を調べない、観察しない絵描きもいるそうだが、むしろ資料を見ないで絵を描いたところで絵が上手くなれるわけがないのだ。
てか、プロですらそう答える。いつまで経っても上達出来ないと。


そのため他人と被ることばかり気にして、最悪資料を調べないで絵を描いているにも関わらず「何を描けばいいのか分からなくなった」って言っている絵描きは、今一度考えを改めるべきかと。

似る被るは仕方ないと思うのだ。しかしどうしても似る被るを避けるのなら、アングルを変えたり、色んなポーズを組み合わせたりして、自分で「アレンジ」するべし。

なんならトレースフリー素材を使うのもあり。個性はなくなるかもしれないが、安全に描きたいのなら。



そして絵が上手くなりたいのなら、資料は見ろ!絶対に!

頭の中のインプットがまだ少ない絵描き初心者にも関わず想像だけで下手に描くぐらいなら、上手い絵描きから学んで技術を吸収するところから始めるべし!

えっ?「パクるぐらいなら資料を見ずに絵を描け」と言われた場合はどうするって?だからそんなもんは難癖やから無視や!


それでも「上手い絵描きから学ばず、資料を見ずに絵を上手く描け」と非難されるのなら?

学校で例えるなら「先生から学ばず、個人で勉強もせずに試験を合格しろ」って言っているのと同じだからね。

最後に(それでも解決出来ないのなら)

創作活動を始めようとした当時とポジティブに創作活動していた最中を思い出してほしい。

色んな漫画を読んだでもいい、アニメを沢山見たでもいい。
それをきっかけで自然と作品に影響を受けて、「自分もこんな絵を描きたい」って思って絵を描き始めたのではないか?

さらにポジティブな気持ちで創作活動していて、その時に起きていた感情は?
喜怒哀楽で例えるなら、「喜び」「楽しい」だろう。

単純に絵を描くことが楽しかったから、そして皆からいいねなどの共感を貰える喜びがあったから、創作活動を続けられていたんじゃない?

逆に何かの作品に影響を受けていない、絵を描くのが楽しくないって思っているのなら、最初からイラストなんて描いていないわけだし。


だからこそ今の私が言えることは「自分の好きなもの」を描いていた方が、絵を描いてて1番楽しいと思っている。

自分の好きなものを描いた方があのような迷いがあまりなくなるし、むしろ自分の好きなものばかりを描いた方が、絵のクオリティが上がりやすい

悪口が何だ、被りがなんだ。そんなことを気にしていたら、逆に相手からネガティブコメをされるだけだ。
だったら自分の好きなものを描き続けて、創作を楽しんでいることをアピールすれば良いじゃないか。

そうすれば相手も怖気付いて、貴方に悪口を言うことは……




なくはないですが。

って、そういや無かったな!(実際に自分が「〇〇似ていr……以下同文」を言われたため)

ま、まあ、自分はこんなトラブルがあったけど、それでも数日で立ち直り、その後は自分の好きなものばかりを描き続けた結果、あの時以上に画力を上げることが出来たから嬉しかったのさ。

また悪口に関しても反応しないためにコメ欄を廃止したり、ミュートしたり、エゴサをしなければいいだけだし、あとは絵を描くのを楽しんでいれば、その相手も飽きてどっかにいくはずよ。

そもそもあれこれ被ることなどを気にしながら絵を描いたとして、「それってやってて楽しいのか?」という話になってくるし。

要するに気楽に描けってことだ。いつまでも色々と気にしていたら、ホンマに何も描けなくで。



ちなみに自分も数ヶ月前からとある版権の人外キャラ(ワニ)にハマってて、たまに描いている。

今は落書きばかりやけど逆にそれを上手く見せる描き方とか、デフォルメ絵を自分のかっこいい絵柄で描くにはどうすればいいかと、色々描きながら試しているのだ。

だからその時描いてて、凄く楽しいで!


再び昔に戻ってしまったが、前まで通常頭身キャラのオリジナル本気絵ばかり描いていた身としては、しばらくの息抜きとして丁度いいと思っている。

しかしそんな自分も、たまに描きたいものが分からなくなる時がある。

その時は新作のゲームをプレイしたり、小説を描いたり、記事のネタをメモったりしているので、もし一旦筆を置いて休んだ時に絵を描く以外の趣味も見つけておくと良いぞ。



誰かの意見に左右されるより、自分が本当に描きたいものと向き合うべき。

ネガティブな意見ばかりに耳を傾けていては本当に自分の描きたいものが分からなくなって仕方ないのだ。



創作は楽しんだもん勝ちだ。

自分の好きなものと向き合う気持ちと、絵を描くことが「楽しい」「楽しむ」「気楽に」という気持ちを、どうか忘れないでほしい。


以上。近年の絵描き界隈に悩む絵描きが「自分が本当に描きたいものとは何か?」を今一度見つめ直すきっかけになれたら幸いだ。

今日はここまで。
ではまた

関連商品、サービス

これらの書籍も読んでみることをおすすめするよ!

もしこの記事がいいね、参考になった、共感したと思ったら「♡」をポチっとお願いします!(今後の記事作りの参考とさせて頂きます)



【コラム】Twitterで悩む絵描きにおすすめしたい参考書紹介!

近年ではTwitterを使うのが当たり前の時代。そんな中でイラストの仕事やファン(フォロワー)を獲得しやすくなったとはいえ……

「TwitterでいいねやRTが少なくて辛い……」
「Twitterでフォロワーを増やして、ゆくゆくはイラストレーターになりたい!」

そんな絵描きたちにおすすめしたいTwitterでフォロワーや仕事を増やす戦略本たち。
個人はTwitterを辞めてしまったが、もしTwitterを続けたい気持ちがあるならば、これを読んでTwitterで有名になろうではありませんか!





これらの参考書はAmazonの電子書籍読み放題サービスKindle Unlimitedに月額980円で加入すると無料で読むことができ、さらに登録した初回30日間はなんと無料!
その期間中は完全無料で書籍が読めるので、初回登録者は実質「タダで読み放題」になります。


今なら2ヶ月で加入すると「99円」で利用可能なのでこの機会に是非!

 

イラスト界隈の悩み&闇
みずぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました